スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

精霊たちへ

なんだか美味しそうな色のマンドリンが売られていました。

マンドリン

買おうか迷ったけど今回は見送り。
今持ってるやつはまだ使えるし、ぽんぽん出せる額じゃなかったしね(ノ∀`)
で、でも次こんなのが売られていたら…買ってしまうかもしれない…!


「え?精霊武器持ってたの?」ってよく言われるけど
実は持ってました。




マビを始めてから一ヶ月くらいでしょうか。
街ですれ違う人達が手にする"光る武器"に憧れてWikiで調べ上げ、
クエを省略して短剣に精霊♂を宿らせる事に成功しました。
始めたばっかだったので短剣はもちろん店売りの普通カラー、
エレメンタルリムーバー代もかなり痛かったのを今でも覚えています。

背中に翼が生えていたので、彼の名前を『メーヴェ』と名づけました。
メーヴェとはドイツ語で『かもめ』という意味。
ナウシカの愛機の名前としても有名ですよね!

短剣を選んだのはインベに優しかったから。
そう、その時の私は「光ってればあとはどうでもいい」と外見重視で
精霊武器の性能や能力には一切目を向けようとしていなかったのです。
もちろん武器として使った事は一度もなし。

月日はほんの少し流れ…

メーヴェの社会経験値(Soc)がLv6になり、発光の仕方が若干変わりました。
嬉しかった。でもなんか空しい嬉しさ。
ここまで一緒に過ごしたけれど、武器としていまいち愛着がもてなかった。
たまに餌を与えてみるも、やっぱりどこか空しい(´・ω・`)

メーヴェと倦怠期(?)を迎えていたちょうどその時。

ピンクハンマー

薄ピンク色のハンマーをお店で見つけ、即購入(´ω` )エイレンありがとうエイレン。
見つけた時は5本近く買おうか悩んだよってくらい、好みなピンク色!
思わぬ収穫を鼻歌まじりで眺めながら、ふとくずのはは思ったのです。

「そうだ、これを精霊武器にしよう」
あいや待て待て。メーヴェはどうする、やっとSoc6になったばかりではないか。
でもこの先…あの子を成長させていっても…。
色々考えた結果、メーヴェとは別れて新しく精霊武器を作り直す事に決めました。
クエは受けなおそうかなと思ったものの、
現在のリキュールの相場とあのシドスネッター往復の面倒くささを比べてみて
やっぱりクエは受けない方向に。
いい加減タルラークはダンバに引っ越してくるべき(`д´;)往復とかナメてるだろ。

そしてお別れの時。(田舎に泊まろう風)
なんか話しかけたら思いとどまりそうだったので、そのままタルラークにお願いして
精霊との契約を破棄。なので、メーヴェのSSはありません。
ずっと一緒に冒険してきてくれたあいつ。なんだかんだで愛着はあったのかな(´・ω・`)
…ありがとうメーヴェ、お疲れ様。

…さて。さてさてさて!気を取り直して鈍器の精霊と契約(`・ω・´)

始まりの光

イィィヤッホゥゥゥ(´∀`)!元々鈍器好きなだけにかなり興奮気味。
鈍器が光ってるってかなりイイ(*´ω` *)

鈍器♂

契約したのは鈍器の精霊♂、嬉しい事言ってくれるじゃないのっ。
名前は『ハニー・ビー』(ゲーム中では記号が使えないのでハニービー)。
名前の由来は某ゲームのインストールソフトから。ピンク色だし似合うかなと!
本当は"エネミーソナー"にしたかったんだけど、字数制限がぁぁorz ←全角派。
精霊の外見もかな~~り私好みです。うほっ、いい筋肉。
メーヴェは本名で私を呼んでたけど、こいつはマスターって呼ぶのね(`・ω・´)愛い奴!
先代のあいつの分も含めて、思いっきり愛でてやろうかと思います。
もちろん、ある程度育ったら武器としても使う方向で!

不自由すぎる

若干日本語が不自由だけど気にしません。ほら、馬鹿な子ほど可愛いっていうし…(´・∀・`)
きっと石になってた影響だ、そうに違いない。

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

2008.02.26 | 日常

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

くずのは


ブログ主:くずのは
サーバ:トリアナ
防御と保護を愛する
防御ヲタク。
妖怪盾女。
最近はもっぱらフレイマー。

【リンクはご自由にどうぞ!】

◆Twitterやってます【ID:Kuzunohaw】◆



Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved.

くずのはのスキル

月別記事

カウンタ



ブログ内検索

LINK

お問い合わせ

お名前:
メール:
件名:
本文:

ぴくしぶ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。